スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110828.jpg

8月におじゃましたTak.隊長の工房には、リアルサイズの猫がいました(隊長宅の飼い猫とは別)。
聞けば、隊長の作品を見たあるお客様から、愛猫を模した陶器の猫を創って欲しいと依頼されたとのこと。
これまでにも同様の依頼・問い合わせはあったものの、制作上の都合でお受けできずにいたそうです。
「制作上の都合」とは、実在する猫をモデルにするという制約下で創作することに不安を否めないからだとか?
(その辺のことは、作家当人でない管理人が偉そうに説明することではないと思うので以下省略)

しかし。
長年生活を共にしていた愛猫を亡くされたお客様は、「是非」と強く依頼されたのだそうです。
そのお気持ちを受け、お客様にお会いしてみたところ、数々の写真を用意されて、猫それぞれの性格やエピソードなど熱心にお話してくださったそうです。
お気持ちがよく分かり、不安は払拭しきれないものの、隊長も意を決しました。

そうして産まれたうちの一匹がこの写真の猫。
陶器では細かい毛のもふもふのラインはほとんど出ないし、ホンモノでないことはわりとすぐ分かるかもしれませんが…
これはもう「”一つ”の陶器の猫」というよりも、立派に「一匹の猫」なカンジ?
完成品の実物を見たかった~~(管理人は素焼き終了後の真っ白な状態までしか見れなかった)

すでにこの猫はお客様の元へ届けられているそうです。
どのように愛でられているのか分かりませんが…彼のお宅を訪ねてこられた方は驚かれるでしょうね。
こんなリアルな猫が3匹もででんといるんですから(笑)(他の猫はぞれぞれまた別のポーズ)
ううっ!見てみたいっ!

「やっぱ猫はリアル(ホンモノ)がいい」と思ってた管理人ですが…こんなリアルなら陶器もいーな♪
…でも掃除する時壊さないよう気をつけないといけないな←ランボー者には向かない?

隊長は新たな分野を開拓するんでしょうかね。今後がまた楽しみです。
スポンサーサイト
プロフィール

Tak.隊長

Author:Tak.隊長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。